高性能住宅には補助金制度がある?

高性能住宅には補助金制度がある?

住宅の性能と言えば以前は最新の設備や移動のしやすさといった利便性がもっぱら強調されていましたが、現在では耐震性や省エネ性なども含めたトータルな性能が評価されるようになっています。
そしてこれら複数の性能を高い基準で満たしている物件を、一般に高性能住宅と呼びます。
高性能住宅を実現するには当然ながらそれなりの費用が必要となりますが、住宅性能の向上は生活の安定や福祉の増進、果ては資源の有効活用にもつながるといった観点から、公的な助成制度も充実しています。
上手に活用すれば、工事費を節約することができます。
高性能住宅に対する公的助成はいくつかありますが、代表的なのはZEHへの補助金です。
これは、太陽光発電システムなどを導入すると同時に住宅の断熱性や気密性を高めることで、最終的なエネルギー収支がゼロになる住宅を建てる場合に支給されるものです。
また、耐震性を高めるなどして住宅の長寿命化を実現した場合にも、補助金が支給されるシステムがあります。

高性能住宅は断熱に関係する部材のスペックが高いです

高性能住宅で特に重視されるのが断熱です。
そのため断熱に関係する部材は高級なものを使用しているところがほとんどです。
具体的にはまず断熱材です。
木造軸組工法でもツーバイフォー工法でも断熱材を使いますが、使っているウレタンフォームやグラスウールの性能が高いです。
その結果、冷暖房の効きがよく、快適ながらエネルギー消費の少ない住宅が実現します。
高性能住宅をうたいながら安い断熱材を使用しているところには注意が必要です。
次にガラスを含む窓関係も重要です。
エネルギーの多くは窓から交換されますから、質の高いものを使用しなければなりません。
近年は二重窓を選ぶ家庭も多いです。
外に割れにくい強化ガラスを使い、内に紫外線カットのガラスを使うなどです。
2枚のガラスの間には空気の層ができるため、エネルギー効率の高い住宅になります。
窓ガラスの枠はアルミが使われますが、それを樹脂にしたものが増えています。
アルミよりも樹脂のほうが熱を通しにくいから断熱性能が高いのです。

高性能住宅に関する情報サイト
高性能住宅の基礎知識

このサイトでは高性能住宅の建築入居を検討しはじめた初心者の方に、有益な情報や基礎知識を幅広く紹介しています。 住宅設備のなかでも関心が高いのが冷暖房などの空調設備です。家庭内でも空調に必要な電気使用量の割合は大きく、省エネの観点からは予算との兼ね合いもありますが、できる限りエネルギー消費を抑えることがポイントになります。 エネルギー消費の抑制は地球環境への影響も無視できないため、公的な補助金も用意されているようです。

Search